近年数値の上では治安は改善しているもののいわゆる「体感治安」が悪化する中「警備業は社会公共の安全の一翼を担う生活安全産業」としての新しい位置づけがなされています。
高度情報化社会の進展に伴う「情報」無形資産の資産価値向上やビジネススタイル、ライフスタイルの多様化による多機能・多目的ビルの出現、社会環境の変化の中でビル・建物・施設における警備に対する期待、要望は高まりを見せ、ますます多様化・複雑化・高度化しています。私たちはそんな時代のニーズに対応いたします。
経験豊富な警備スタッフの配備と機械警備による万全のセキュリティーサービスを提供し、お客様の有形、無形の財産・資産をしっかりガードします。